色でこころとからだを元気に
~日本カラーホリスティック協会~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリスティック ケアに是非、カラーセラピーの導入を!!
こころとからだのケアつまりホリスティックケアの実現にはその両者を同時に、
広く深く洞察する力が必要です。
そして、その洞察の結果をどのように活かして、
最善の状態へと導いてゆくかがホリスティックケアに問われるところだと思います。


このような、洞察とケアの実践には様々なセラピーが活用されていますが、
どれをとってもかなり熟達しないとその目的を達成できないものがほとんどだと思います。
これではホリスティックケアの普及が望まれても限界が生じます。


ところが、私たちが日頃から活用している様々なカラーセラピーには、
それらの目標を比較的簡単に達成しうるノウハウが満載されています。
もちろん、専門的知識が要求され、注意深く望まなければならないこともありますが
他のセラピーに比べると比較的容易に習得しやすいというのも
カラーセラピーの大きな特徴だと思います。

それは、なぜでしょう?
カラーセラピーは数ある色々なセラピーの中で
どうして習得しやすいのだと思いますか?

みなさんが、好きな色だとか、素敵なだ~と感じる色を見る時、
そこに何を見ていますか?


実はみなさんが、そうやって色を眺めている時、
もうその瞬間に実はみなさんの深層心理にまで意識が届いているのです。

色彩というものはとっても直観的で理屈を超えたところにあります。
ですから、容易にみなさんのこころの扉を開くことができるのです。

そして、それはみなさんの悩みの解決方法までも提示してくれることができるのです。

カラーセラピーを学ぶ人はそのノウハウを学ぶだけでよい、
特殊な技術を一切必要としないのです。

もちろん、経験や様々な知識がそのカラーセラピーの奥深さに
関わってくることは間違いがありません。

そう、間違いなく奥の深い終わりの無い、分野です。

だからこそ、やりがいがあり、楽しくてワクワクします。

それでいて、人のこころやからだの悩みに答えてあげることができるのです。

私は日常診療の中でカラーセラピーを普通に取り入れていますが、
これほど人々を容易に救いうる方法は他には無いと思います。

みなさんもぜひ、カラーセラピーの世界に足を踏み入れてみてください。

みなさんの今までもご経験がさらに輝けるものになると信じています。



--
春田クリニック
春田博之
http://hccweb6.bai.ne.jp/haruta-clinic/ 春田クリニック
http://nalcure.blog77.fc2.com/自然律療法研究会
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。