色でこころとからだを元気に
~日本カラーホリスティック協会~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水色
『水色』..さて、みなさんはこれをなんと読みますか?
「みずいろ」と答える方は普通の人ですが、「すいしょく」と答えた方はたぶんお茶通です!

紅茶を煎れた時に見られるお茶の色を『水色(すいしょく)』と呼ぶそうです。ティーテイスターは水色もグレードとして品評するようです。

ダージリンティーを注いだティーカップを覗き込んで、インドの夕焼けを思い浮かべて楽しむのも、お茶の楽しみの一つですよね。

紅茶 ・日本茶・中国茶と、いろいろなお茶がありますが、これらは元々同じツバキ科に属する常緑の低木である『茶の木』の葉っぱから作られます。つまれたばかりの葉っぱはみんな緑色です。茶葉によって様々に色が違うのは、葉をつんだ後の加工の仕方の違いによります。

紅茶は、葉をよく揉んで数時間ねかせます。すると、茶葉が発酵してお茶の葉が赤茶色に変わります。赤茶色なのは、発酵の時に葉の中に、赤い色素が作られるからです。

この色素は、酸性のものを加えると消えてしまうという性質があります。レモンのように強い酸性のものを紅茶にいれますと、紅茶の中の赤茶色の色素が変化して色が薄くなります。

中国茶には発酵にも様々な種類がありますが、代表的な烏龍茶は半分だけ発酵させた茶葉です。発酵すればするほど赤茶色が増してきます。

日本のお茶の色には大きく分けて茶色と緑色の2種類があります。煎茶や焙じ茶、番茶の色を比べても、緑味や黄味や赤味など色が違います。江戸時代での文献では茶色でも、緑系をさす江戸と、赤茶系をさす京や大坂の違いを語るものがあります。

これからお茶を飲む時は水色も楽しんでみてはどうでしょうか?

日本カラーホリスティック協会東日本地区会長
一般社団法人MEカラーセラピー協会代表理事
深瀬啓介
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。